文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

2016-2017 開催要項

大会名:ゼビオグループ presents 東北シクロクロスシリーズ TOHOKU CX Project 2016
主 催:TOHOKU CX Project 実行委員会
後 援:一般社団法人 全日本シクロクロス競技主催者協会寒河江市郡山市福島民報社蔵王町
    河北新報社仙台放送エフエム仙台
特別協賛:ゼビオグループ

開催種目

シクロクロス

開催日程

第1戦 さがえラウンド
2016年10月30日(日)山形県寒河江市・グリバーさがえ
UCI-C2、JCXシリーズ第3戦

第2戦 郡山ラウンド
2016年12月25日(日)福島県郡山市・大槻公園

第3戦 ZAOラウンド
2017年1月15日(日)宮城県蔵王町・蔵王町総合運動公園
JCXシリーズ第11戦

第4戦 SUGOラウンド
2017年3月5日(日)宮城県村田町・スポーツランドSUGO

表彰

各カテゴリー:1~3位まで
シリーズ表彰:シリーズチャンピオンにはチャンピオンジャージを授与します。(C1、CL1、マスターズ、CK2、CK1)
シリーズランキング ポイントテーブル

   順位   1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位 10位
 ポイント    40    30    20    15    10     8     6     4     2     1

車両規格

オフロード走行に耐えうる自転車を使用して下さい。
検車はいたしませんので、十分な整備のもとに参加して下さい。
UCI Men Elite、UCI Womenは最新のUCI競技規則、C1、CL1、C2の選手は最新のJCF競技規則に準じる車両を使用して下さい。
上記以外のカテゴリーの選手はマウンテンバイク等での出走を認めますが、スタート時の安全確保のため最後尾スタートとなります。

開催カテゴリー
カテゴリー 参加条件 競技時間 定員 参加費
UCI Men Elite
(さがえラウンドのみ)
2016年UCIライセンス、2016年JCFライセンス、AJOCC名簿カテゴリー1登録選手、19歳以上の男子 60分 80名 4,000円
UCI Women 2016年UCIライセンス、2016年JCFライセンス、AJOCC名簿カテゴリーL1登録選手、17歳以上の女子 40分 30名 4,000円
カテゴリー1
(C1)
2016年JCFライセンス、AJOCC名簿カテゴリー1登録選手、19歳以上の男子 60分 50名 4,000円
カテゴリーL1
(CL1)
2016年JCFライセンス、AJOCC名簿カテゴリーL1登録選手、17歳以上の女子 40分 30名 4,000円
カテゴリー2
(C2)
2016年JCFライセンス、2016年AJOCC名簿カテゴリー2登録選手、17歳以上の男子 40分 50名 4,000円
カテゴリー3+4
(C3+C4)
2016年AJOCC名簿カテゴリー3・4登録選手、初参加選手、13歳以上の男子 30分 100名 4,000円
カテゴリーL2
(CL2)
2016年AJOCC名簿カテゴリーL2登録選手、初参加選手、13歳以上の女子 30分 30名 4,000円
マスターズ
(M1+M2+M3)
40歳以上(1977年生まれ以前)の男子・2016年AJOCC名簿マスターズ登録選手(M1、M2、M3) 30分 50名 4,000円
キッズ2
(CK2)
小学校4年生~6年生の男女 10分 30名 1,500円
キッズ1
(CK1)
小学校3年生以下の男女(ペダル付き、補助輪なしの自転車に限る) 10分 30名 1,500円
AJOCCからの重要なお知らせ

2016-2017シーズンよりカテゴリーや昇格基準など変更点がございますので、ご確認下さい。
2016-2017シーズンのAJOCC主催レースに関する変更点
AJOCC登録番号が分からない方はこちらよりご確認下さい。
 

注意事項

1)大会役員、係員の指示に従って下さい。従わない場合は、出走停止、リザルト剥奪等を行う場合があります。
2)異議の申し立ては受け付けない。
3)未成年者の参加においては、親権者の参加の同意を必要としますので、誓約書へ署名して下さい。
4)参加受付証の発行はいたしませんので、受付終了日以降にwebにてエントリーリストをご確認下さい。エントリーリストの参加カテゴリーは、AJOCCの最新名簿により制作しております。
5)コミュニケの内容以外の変更事項は、当日コミュニケボードにて発表しますので、必ず確認すること。
6)天候の急変、重大事故が発生した場合等、競技続行不可能と判断した場合は、競技中、競技前に関わらず競技を中止にします。その場合でも参加費の返却は行いません。
7)競技中における負傷疾病等については、大会救護部に於いて救急初期手当は行いますが、治療に関しては直接医療機関へ受診すること。救急搬送に伴い医療機関での治療を受けるためにも、健康保険証を必ず持参する事。
8)大会会場内は火気厳禁です。ゴミは各自必ずお持ち帰りください。
9)大会会場は一般の方も利用することが出来る公共施設です。
10)大会開催中における、画像・映像・音声等の肖像権は主催者側に帰属します。
11)大会会場における盗難・障害などの事故・事件等は各自の責任とします。